未だ・・・ 発表前ですが

ワンスアポンアタイム イン ハリウッド > 
 (現在 オスカー候補 ですが) → 

  ブラピ(助演男優賞)さん だけ「受賞」
でしたね。(2020/2/11)


Chris Pizzello/Invision/AP
オスカー像を手にするブラッド・ピット



私的には・・・ 映画の中での 「 ドイツ・日本軍軍 」 批判 そして

「ブルースリー批判」 なさっていたので 残念です。 


ブラピもディカプリオも大好きなのですが・・・


映画は「世界の夢」 だと思うので・・・

政治批判や国家批判・・・ 個人の言論に自由はあるとは 思いますが


「作品」の中で侮辱 してほしくなかったです。


アンジーが監督した映画の中で「南京事件」批判をしているようですが・・・
ブラピも同じ意見で 日本人を侮蔑する感情が あるようです。


戦争に 非が無かったとは言いません

 我々の世代で「繰り返さない努力」が必要と思います。


だからこそ・・・ 「人の尊厳」 は守っていきたく、公平に扱ってほしいと思うのです。


事実としての「追求」は構いませんし「批判」も良いと思いますが、個人的な「感情での憶測で」の発言は、影響が大きすぎます



暮れに「イップマン」と言うシリーズの映画を何作か見ていて



ブルースリーが「彼の弟子」だったことを知り・・・


劇中「ワンスアポンアタイムインハリウッド」で

ブラッドピッドがブルースリー演じる俳優を・・・


「サル」と 呼び、 「形だけのカンフー」 と かたずけること・・・


・・・残念に思いました。




今回のオスカーに ノミネートされていますが、「映画大好き人間」として


、「イエローモンキーの一人」として ・・・ 



受賞してほしくない 気持ち です。









 

いい映画は 心の癒し

そして 憧れです。


公平な気持ちの中で 差別や侮蔑のない 文化としての・・・


映画が大好き♪」 です。