セクハラへの抗議? グラミー in White版

<グラミー賞2018 ・ 授賞式
in Bkack と ハリウッド界のセクハラ抗議にゴールデングローブ授賞式の服装が、 「くろずくめ」とお知らせしたことがあるんですが・・・

同じ年の「グラミー賞」(音楽・アーティスト) で 「in White」 「白ずくめ」だったんですね~?!

なぜ今頃書いているかと言いますと・・・

今年のグラミー賞 総なめの「ビリー・アイリッシュ」他の画像検索していたところ


不思議なGAGA様発見


それがコレ!!  ↓






ね? 素敵でしょう ♪ そして 「不思議な画像」でしょ?

白鳥の湖 版ピアノ with GAGA みたいです♪

何故かわからず・・・ 検索してみて → 

 抗議カラーが「白」だったこと 判明  

古い話で(笑) 恐縮ですが ご紹介しています。


下が その時のステージの様子 ↓

 


この回に赤を基調にしている人達もいましたが・・・
殆どの人が 「白」だったようです。




「色」をバッティングさせない


と言うのが「芸能界」の常識 と思っていましたが・・・
スター陣が 「同じカラーで一致団結」 する姿って 


凄く新鮮です。


逆に「個性の競い合い」が出来るかと・・・

お洒落のテーマとして 「個性」を出すとい意味で 再登場させました。


やはり お洒落が上手いガガさま♪  


目が離せません!!


で、 他の年の プレゼンターとしてのガガ様が、デビットボーイの死を悼み   →  こんな演出もしています。

ガガ様 デビットボーイ 彼の大フアンだったそうで・・・
ボディにに 彼の顔のタトゥー も入れているそうですが、


プロジェクションマッピングの演出で

「ステージ上の自分の顔の上に」 デビットボーイの演出 をしたそうです。

その時の画像が ↓ 





衣装は「山本寛斎」さんが、かってデビットボーイに製作したガウンをガガのために再現作成したものだそうです。


こだわりと熱狂が半端ない! ガガが大好き♪








このサイトがあなたの役に立てたら
❤ 幸せです。